おうち学習でも合格可能★アロマテラピー検定対策WEB

アロマセラピストを目指す方はまずアロマ検定1級合格が必須

アロマテラピー検定で出題される問題は、すべて公式テキスト内に記述があるものです。

それ以外から出題されることはまずありません。

 

なので、テキストの内容をよく読み、理解し、知識として学び憶えることが
一番の試験対策といえます。

 

その点も踏まえて、知っておいて損のない、
経験からお伝えできることを、ここではご案内いたします(*´Д`*)ノ

学科・実技(香り判別)問題の出題形式は4択

タイトル通り、すべてが4択の選択解答式の問題です。

いわゆる、マークシート式です。

 

その内容は
「正しいものを選びなさい」
「誤ったものを選びなさい」といった風に、
1問につき正解は1択のみです。

まずは、問題文の読み間違いには重々注意して下さいね★

 

香りテストも4択の選択解答式です。

 

特に香りテストなのですが…答えがハッキリとは判らない問題でも、
消去法で答えていくことが可能だということを忘れないでください♪

 

確実に判る問題から解いて行き、2度3度見直しをされると良いでしょう。

 

私は、1級の学科試験中(60分)にすべて回答した後、3回見なおす時間がありました。

時間はたっぷりあるとはいえ、回答欄に気を付けて(如何せんマークシートなので見誤りやすいですから!)判断のつく問題から解いて行くことをオススメ致します★

Related Articles:

    Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

    検定など関係なくただ純粋にアロマテラピーを始めてみたい


    そんなあなたには、この教材がピッタリです。
    生活を豊かにするアロマ製品の作り方が図解とDVDで学べます。
    詳しくは独学でアロマテラピーを習得可能!自宅で学ぶアロマ入門でご紹介中♪
    ページ上部に